2017年1月21日土曜日

近代という病

昨日ある方と話していて、ちょっと驚いた事を聞きました。そして、なるほどそうだろうなと腑に落ちました。能に関係したお話ですが、能に限らず、しかしまさに能がそのことを象徴している、というお話しです。

江戸時代までの意匠・文様などでは、例えば向い鶴などの絵柄があると、必ず片方が口を広げ、片方は口を閉じていたのだけれど、明治以降ではそれが崩れて来て、今では両方とも口を閉じているのが殆どなのだそうです。言うまでもなく、口を開いているのが阿型で閉じているのが吽型であり、サンスクリットの最初の文字と最後の文字、則ち森羅万象がそこに包摂されているわけです。江戸以前は、文様を使用する場合その背後にある意味を承知していて、それを託したので、そういう些細な部分も決してゆるがせにしなかったのに対し、明治以降文様は単なるデザインに過ぎなくなり、見た目の面白さだけで細かなところはどうでも良くなってしまったというわけです。
しかもそれは日本だけの話ではないと言うのです。つまり産業革命以降近代が進むにつれその傾向が顕著になるとのこと。文様の意味などと言うものは、要するに呪術であり、近代以前のものであると言うことなのでしょう。

私が私淑する哲学者の井筒俊彦さんに依れば、空海は「世界は文字で出来ている」と言っているのだそうです。この場合の「文字」はもちろん私たちが言葉を表すのに使用する決まった形の文字だけでなく、全ての「もの」にはその物質的な側面と、それが意味する象徴的な側面が備わっている、と言うことなのだと思います。文様も言葉もその背後に或る象徴を包摂していると言う意味で、空海は両者を同じものだと言っているわけです。

さて近代が文様の象徴を無視し始めたと言うことは、最近になって言葉が空疎になって来ていることと繋っているのではないでしょうか。本来意味や象徴で満ち溢れているはずの世界がどんどん希薄になっている。それが人間にとって歓迎すべきものとはどうしても考えられません。

言葉が空疎になっていると言うことは、表現の上にも影響しているような気がします。「悲しい」と言えばそれで十分であるのに、悲しさを表現するために大袈裟な身振りをしたり声色を使ったりするのも、そういうことなのかも知れません。能ではそういう表面的な表現を本来嫌っていたように思うのですが、最近ではそれでは見所に伝わらないからと色々工夫しているわけです。しかしその工夫と言うものに、うっかりすると本来の言葉の力を蔑ろにする落とし穴が潜んでいるのかも知れません。

2017年1月19日木曜日

演能のご案内

演能のご案内を申し上げます


二月五日(日)鶴亀 緑泉会例会 於 目黒・喜多能楽堂

朝廷の初春の祝賀の席に、臣下が居並び帝の徳を賛え、吉兆の鶴と亀が舞を舞い、続けて帝自らが荘厳に舞います。


 謡の入門曲として親しまれている鶴亀ですが、演能の頻度はそれ程高くありません。劇性の全くない曲のため、面白さに欠けることは否定できません。また登場人物が皆、直面(ひためん。能面を用ず、自分の顔をそのまま面とする)なので、能面の力に縋ることもできません。しかしこのような曲にこそ、能の本当の力が凝縮されているのです。
 能舞台から発せられる波動は、寿福を施す恵みとなり、同席する人々に幸せと健やかさを与えます。能の舞には人知の及ばない領域から、自然の力を引き出してくる力があるのです。映像では伝わらないその力こそが、能の能たる所以だと私は常々考えています。
 装束は今回も山口能装束研究所の復原装束を拝借します。江戸時代の武士が精力を注ぎ込んだ美の品格をお楽しみ下さい。
 しかも今回は鶴と亀に適役を得ました。長らくお稽古に通ってくれている、松浦薫君と航君の兄弟です。能が大好きな二人と私との舞の競演を、是非とも能舞台見所で直接味わってみてください。

2016年11月18日金曜日

能の言葉(二)

げにや偽りの
なき世なりせばいかばかり
人の言の葉嬉しからん
愚かの心やな
愚かなりける頼みかな

これは能『砧』の一節です。

九州芦屋の領主某の妻が、訴訟の為都に上った夫を待ち焦がれていると、下女の夕霧が、この年の暮れには帰るとの伝言を伝えて来る。一寸上京して来ると言われて三年待っている身としては、伝えられた言葉を信じ切る事が出来ない。しかしそれを信じる事でしか今の自分を支える事が出来ないのを、彼女もわかっていて、信じる事の愚かさと、信じようとする心の愚かさを嘆いている。

特に、普通は同じ言葉を繰り返す納めが、「愚かの心やな、愚かなりける頼みかな」と微妙に変えてある事に、彼女の心の複雑さが窺えます。

処で意外な本の中にこんな歌を見つけました。

いつはりと思はで頼む暮もがな
待つ程をだに慰めにせん
(吉川弘文館・人物叢書『赤松円心・満祐』)

これは赤松則祐の歌で『続拾遺集』に採られた三首の中の一首です。『砧』を参考にして詠んだのかな?と思われる方もいらっしゃる事でしょう。
しかしそれでは時間軸が逆様です。赤松則祐は、室町六代将軍足利義教を暗殺した赤松満祐の祖父、幕府草創期の大立者で、世阿弥より50歳位年上ですから、世阿弥晩年の作とされる『砧』が作品化される遥か前の話です。寧ろ『砧』の作者がこの歌に影響を受けていると考えるべきではないでしょうか。
世阿弥はその伝書の中で、猿楽以外の事に興味を持つ事を戒めていますが、唯一の例外として歌道だけは能を作るのに必要だから学ばなければならないと言っています。
それでは世阿弥は誰から歌道を学んだのでしょうか。二条良基ばかりが目立つのですが、当時の歌道界の第一人者は今川了俊の様に思われます。
世阿弥の作品の多くが北九州を舞台とし、今川了俊が九州探題であった事を思えば、二人の交流は充分考えられます。そして畿内と筑紫を船で往き来するとなれば、赤松氏の播磨に立ち寄るのは必然です。
世阿弥の頃は則祐の息子の代になっていますが、先代の勅撰の誉れの一首であれば当然話題になったと考えるべきです。


2016年11月10日木曜日

能の言葉(一)

(原文)

よしや何事も夢の世の

なかなか言はじ思はじや

思ひ草  花に愛で

月に染みて遊ばん


(私訳)

そうですね。この世に起こる事は全て夢の中の出来事で、それについては簡単に言葉にはしないでおきましょう。思う事は草の様に雑多に湧き出でて来ます。その中の幾つかを取り上げて言葉に作れば、それは花となり、月の光が花を美しく見せる様に、佛性の光でその言葉を磨き上げて行きましょう。何と楽しい事ではないですか。


ーーーー


これは能『姨捨(おばすて)』の一節です。

哲学者の井筒俊彦さんが、もしこの言葉を読んでいたら、きっと何かの文章を残したのではないでしょうか。私の解釈はその系統を引いているつもりです。

『姨捨』の作者については、大方世阿弥であろうと、能に関わる誰もが思っているのではないでしょうか。私も、此処に示される様な言語観は世阿弥のものだと思うのですが、これだけの名曲に世阿弥作と断定し得る材料がないとすれば、七郎元能作の可能性もあり得ると思います。


先づ「何事も夢の世」と言うのは、佛教的な世界観からすれば何も特別なものではないでしょう。

次の「の」は何でしょうか。「・・夢の世で、(だから)・・」だと思うのですが・・。

「なかなか」は後の「じ」と呼応して「かんたんには・・するまい」でしょう。


さて「言はじ思はじ」です。実際に口に出すだけでなく、思う事もするまいと言うのです。つまり言葉で的確に言い表す事は難しいので、軽々に仮のものを当てるのは辞めておこう、と言う事でしょう。では何を。それはその前の『姨捨』の詞章を知らなければ分かりません。一応「それについては」としておきました。


その後の部分は完全に私の解釈となります。草、花、月とたたみかける様に並べていますが、それぞれ扱いが違います。

草は「思ひ草」。草の一部が思い草なのではなく、草と言うものが思いそのものを象徴していると言うのです。思いは即ち言葉、この場合は言葉として形になろうとする当にその時の動きそのものでしょう。

花は「愛で」るものです。草の中に花は咲いています。無限に言葉として生い出でようとする動きの中から、見事に結晶化して美しい言葉となった花。

その花を美しいと愛でるのは人であり、人の中にある佛性です。月とは即ち佛性です。ですから花を美しいと愛でるには、月に染みてある事が必要なのです。

月に染みて花を愛でる事は、難行でも、苦行でもありません。それは「遊び」なのです。此処で世阿弥は自分の生み出した芸能を遊楽と言っている事を忘れてはいけないでしょう。


さりげなく並んだ草と花と月ですが、其処に尋常ならざる広がりがあります。



2016年8月19日金曜日

能楽合宿のご案内

青梅アートジャム
山頂カルチャースクール
「能を学ぼう」

御岳山の宿坊に泊まって、一泊二日で能を味わう体験教室です

神域の山の気に包まれて   観て!聴いて!学ぶ!能体験‼︎

日時 平成28年9月24日(土)〜25日(日)
参加費 15,000円(一泊二日)
宿泊&会場  駒鳥山荘   定員 50人
申込先: TEL&FAX 042-550-4295 中所宜夫能の会 まで
      email  nakashonobuo@nohnokai.com


身体の中に気は満ちて
声は言葉を組み上げる
動きは波動を呼び起こす
いにしえの人々が創り出した芸術に
あなたも触れてみませんか


【次第】
24日(土)
    14時 御岳山ケーブルカー 滝本駅に集合
    15時 駒鳥山荘に投宿
    16時 御嶽神社神楽殿にて奉納参拝の後、「能楽らいぶ」
    19時 駒鳥山荘にて夕食の後、「能楽談儀」
25日(日)
    早朝散策(自由参加)
    朝食後、「体験教室」
    10時 解散

・個室へのお泊りをご希望の方は差額を申し受けます。
・持ち物:白足袋(貸し出しあり)、宿泊用具
・受付締切: 9/18(日)

2016年8月16日火曜日

「羽衣」私論

第十回吉田城薪能で今年2回目の「羽衣」を致します。「羽衣」のあらすじについてはこちらをご参照下さい。

もともと「羽衣」は人気の曲ですが、今年これだけ舞う機会を得られたのは、やはり私自身の「『羽衣』論」が影響していると思います。最初にこれについて書いたのは、既に一昨年になりますが、先日も中津川でこのお話しをしていて、多少簡潔に纏められるように思います。



「羽衣」私論  〜〜ワキは何故「白龍」か?〜〜


「羽衣」の冒頭にワキの漁師白龍が名乗り、それに続けてこう謡います。
万里の好山に雲たちまちに起こり。一楼の名月に雨初めて晴れり。
 このままですと雲が起こったのに、雨が晴れるという意味不明な一節になります。これには原詩があり、そこでは
千里の好山に雲たちまちに斂まり。一楼の名月に雨初めて晴れり。
 となっています。収斂の斂は収と同義で収まることですから、こちらですと、雲が収まって雨が晴れて、と素直に情景が浮びます。これを作者或は伝承者が間違えたとは考えられません。何故、「千里」が「万里」に変り、「雲収まり」が「雲起り」に変ったのでしょう。私はこれは、
どこか遠い場所で、何か事件が起りましたが、それは解決しました。
 という内容の暗示だと思います。さらに読み進めると、三保の松原の情景を描いた後、
忘れめや山路を分けて清見潟。遥かに三保の松原に。立ち連れいざや通はん。
と謡いますが、これにも本歌があります。
忘れずよ清見が関の浪間より霞みて見えし三保の松原 
「西の方から清見ケ関を越えて来て、海を挟んでこの三保の松原を眺めたら、その美しさはとても忘れられるものではない。」三保の松原の漁師と名乗りながら、この白龍は清見が関の西から山路を通って来るのでしょうか?いやいやこれは本歌の引用であって、そういう意味ではないのでしょう。ならば何故わざわざこの歌をここに用いたのでしょうか。
それはこの歌が宗尊親王の歌だからではないでしょうか。宗尊親王は鎌倉幕府の六代将軍です。
作者は六代将軍に関係する事件が既に解決したことをここに暗示しています。

世阿弥が室町幕府の六代将軍足利義教によって佐渡に配流されたのは1434年です。赤松満祐が義教を暗殺したのは1441年。暗殺後、義教によって不当な流刑に処せられていた大名や貴族は次々と都に帰還を赦されます。残念ながら世阿弥が佐渡から戻って来たという記録は見つからないようですが、小次郎信光の賛に1443年に亡くなった記載があり、そこには亡くなった土地などの記述が何もないことから、佐渡ではなく都か故郷か分りませんが、とにかく申楽の人々にとっては平穏な死を迎えたのではないかと、推測されるのです。羽衣冒頭の言葉はこれを踏まえて書かれたと思われます。

このことを念頭に「羽衣」を見直すと、これは過ちを犯した漁師白龍が、過ちを認めてこれを改め、天女は赦して舞による功徳を与える、という曲ではないでしょうか。

そもそも音阿弥・三郎元重が義教の贔屓を受けるのは、将軍になる以前、青蓮門院義円であった頃からの事です。その頃、かつての四代将軍義持は、子供の五代将軍義量病死の後、次の将軍を定めないまま大御所として幕府の運営に当っていました。義持の健康状態は万全ではなく、次の将軍が誰になるのか諸人の注目するところでした。その候補者の一人である義円と、世阿弥の間に抜き差しならない因縁があったとしたら、世阿弥はどうするでしょうか。将軍の贔屓による多くの芸能者たちの浮沈を目の当たりにして来た世阿弥にとって、自らが作り上げて来た大和猿楽存続のためには、義円の将軍就任は避けたかったはずです。しかし、政界の実力者三宝院満済が義円支持に傾いていることを知り、一座の後継者の中で、一番の年長者であった三郎元重を義円の元に送り込んだのだと思います。元重は首尾良く取り入り、将軍となり独裁を強める義教のもと、一座の繁栄を築いて行きます。
しかし、義教の世阿弥への迫害は思いの外に厳しいものでした。1430年に長年その任にあった醍醐清滝宮楽頭職を罷免されると、七郎元能は一座を離れて出家遁世します。この時に書き残したのが『世子六十以後申楽談儀』です。一座への圧迫に対して真っ先に起した動きが元能の出家であることは、この人の存在の重要性を物語るものと思います。
同年、観世太夫を世阿弥より受け継いだ十郎元雅は、吉野の天河辮才天に「心中所願の成就」を祈念して『唐船』を舞い、尉面を奉納しますが、その二年後の1432年、伊勢の安濃津で不慮の死を遂げます。これには様々な疑惑があり、南朝のスパイ活動が露見したとも、将軍の手の者による暗殺とも言われています。真実はともかく、『天鼓』の作者は将軍の暗殺を仄めかしつつ、この曲を書いたように思います。
さらにその二年後の1434年に世阿弥は突然佐渡配流を言い渡されます。七十を過ぎた老体を世阿弥は佐渡に運びます。
将軍は音阿弥を一層贔屓にして、その権勢は絶頂に逹したかに見えましたが、三年後の1437年、音阿弥は突然義教の勘気を蒙り、謹慎を言い渡されます。当時義教の突鼻はその先に流刑や不審死が待つ深刻なものでしたが、この時の音阿弥は赤松満祐の取り成しで十日程で赦されています。一体音阿弥は何をして義教の機嫌を損ねたのでしょうか。私は世阿弥の流刑の解除を訴えたのだと考えています。
将軍の元で一人勝ち状態の音阿弥でしたが、秀れた舞台をするには秀れた共演者が必要です。世阿弥と共に舞台を勤めて来た、囃子やワキ・狂言・地謡の名手たちが、老体の世阿弥が佐渡にある状況の中、音阿弥の相手を喜んで勤めたとは考えられません。如何に権勢の後ろ盾があるとは言え、芸能者の心情はそれほど単純なものではないはずです。
取り成したのが赤松満祐だと言うのも看過出来ません。四年後の1441年に赤松が義教を暗殺するのですが、屋敷に招いた将軍をもてなすために、赤松は音阿弥の演能を用意しました。まさに音阿弥が『鵜羽』を舞う中、将軍暗殺は決行されます。音阿弥がこの赤松の陰謀を知らなかったということがあるでしょうか。
今、この音阿弥はしばしば権勢欲に駆られた俗物として描かれますが、難しい将軍の元で大和猿楽の独占状況を作り出し、その後の猿楽繁栄の政治的基盤を築いたのはこの人の力によるものです。そしてその芸力は、後年名人の称号をほしいままにする秀れたものでした。将軍暗殺後、さすがに多少の衰退はあったようですが、八代将軍義政の頃には以前にも増す繁栄を築いています。その頃には世阿弥の娘婿の金春禅竹や、成人した十郎元雅の遺児・若き十郎太夫とも、共演しているようです。
もし、義教の寵愛を嵩に一座の繁栄を築き、世阿弥を佐渡に流したまま死なせてしまったら、このような状況はあり得ないように思います。音阿弥は赤松の暗殺に重要な役割を果し、世阿弥を佐渡から呼び戻したに違いありません。音阿弥は世阿弥に赦しを乞い、世阿弥はそれに応え、その後亡くなったのです。世阿弥の赦しは、芸能者たちに周知され、音阿弥のその後の発展の礎となりました。

天女が世阿弥に模され、漁師白龍が音阿弥をなぞっているならば、漁師の名前「白龍」は「伯龍」であり、伯父の跡を継ぐ龍の如き人、の意がそこに込められているのだと思います。

最初に述べた「羽衣」のワキの登場の場面に、もう一つ不思議なことがあります。そこに当然描かれるべき富士の姿が現れていません。富士が登場するのは、一番最後の場面天女が天上に帰って行くところです。ところで『富士太鼓』の富士と浅間の争いは、駿河の浅間神社での演能の後の観阿弥の死をなぞっている様に思えます。すなわち富士は観阿弥のことなのです。羽衣の天女の昇天は、観阿弥の象徴である富士の元へ世阿弥が召されて行くことに他なりません。天女の舞が「七宝充満の宝を降らし」たように、世阿弥の赦しは現代に至る能の繁栄をもたらしたことになります。

さてこの名曲「羽衣」の作者は誰でしょうか。世阿弥の佐渡からの帰還と、音阿弥への赦し、そしてその死を見届けた人物。私は七郎元能こそがその人ではないかと思います。能作についての伝書「三道」の相伝を受けながら、一作も創作の記録を残していない元能です。「世子六十以後申楽談儀」の冒頭に、
遊楽の道は一切物真似也といへども、申楽とは神楽なれば、舞歌二曲をもって本風と申すべし。
と記した元能こそが、後に武家式楽の下で完成され、今日まで続く能の姿を、明確に描き出した人だと思います。名前を残さない美学を貫いた人だったのではないでしょうか。

2016年7月24日日曜日

能『光の素足』公演

まだまだ先と思っていましたが、チケット発売が7月26日に始まります。
今年の11月3日(木祝)に東京・国立市のくにたち市民芸術小ホールの主催公演で、能『光の素足』を四年振りに致します。東京での公演は六年振りになります。
当日は、宮澤和樹さんのご講演もあります。250席程の小ホールですので、ご希望の方はお早めにお申込み下さい。

チケットのお申込みはこちらをご参照下さい。


チラシ裏面の文章を再掲します。
能『光の素足』について

 周りに受け入れられないとか、未来に希望が見えないとか、現在はとりわけ若い人の苦しみが増しているように思います。自分もそういう苦しい思いをしながら、でも世界や人間は素晴らしいのだ、どんな人にも輝きがあるのだと、「世界が全体幸福に」なることを夢見た人がいました。100年前に東北に生きた宮澤賢治さんです。
 能は650年くらい前に世阿弥さんが始めた芸能ですが、自然の営みの中で生きる人間の力や波動の確かさを、とても良く伝えてくれます。賢治さんの言葉の力を世阿弥さんの方法で表現してみたのがこの作品です。
 始めに登場する少年は、山中でひとり剣舞(けんばい)を舞っています。躍動感と裏腹に孤独の陰を帯びています。年老いた山人が突然現れて声をかけ、少年の翳りに光を当てて行きます。助けを求める少年に自分の力で乗り越えなければならないと説いた山人は、その夜の再会を約束して姿を消します。
 舞台は一転して銀河の星の世界です。童話「ふたごの星」の物語をポオセ童子とチュンセ童子が再現します。
 そして再び下界に戻り、少年一郎は支度を整えて夜の山に向います。銀河の流れる美しい夏の空に流れ星があるかと見るまに、遥か彼方から金色の光が満ちて光の素足が現れます。この大きな人は賢治さんの言葉を少年に伝えます。やがて一郎は光の素足の力を受け取り、気がつけば元の丘の上に目を覚まします。
 その言葉の中に「雨ニモ負ケズ」が出て来ます。賢治さんがこれを書いた手帳の傍らには「11.3」と記されています。もしこれが11月3日を表すのであれば、この公演はそれから85年目の出来事となります。